MENU
banner_02

■超音波水晶体乳化吸引術

①眼球を切開し、水晶体の前嚢を切り取る。

②水晶体の核と皮質を超音波で砕き、吸引して取り出す。 後嚢とチン小帯は残す。

③残した後嚢の中に、眼内レンズ(※1)を挿入する。

※1
眼内レンズとは・・・?

レンズは直径6mm程で、後嚢に固定するためにループが
ついています。折りたたんで約3mmの切開創から挿入します。
眼内レンズをいったん挿入すれば、取り替える必要はありません。

手術は局所麻酔で行われます。手術を受けるときは医師を信頼し、不安にならずに精神的安定を心掛けましょう。
■リラックスする ■目は軽くつぶる ■頭は動かさない ■楽に呼吸する

目の手術というと怖いイメージがありますが、白内障の手術は進歩し、材質のよい眼内レンズも開発されているので、安心して手術を受けてください。